スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎

小説を読むスピードが劇的に低下している今日この頃です
スマホ怖い!

さて
「犬は勘定に入れません  あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎」
の下巻を読み終わりました。
タイトルが面白くて前情報無しに本屋で手に取った本でしたが
なかなか面白かったです。

ちょっと複雑ですが上巻の冒頭
近未来、2次大戦で焼けてしまった大聖堂を復元する計画が立ちあがっていた。
主導者であるレイディ・シュラプネルの格言、「神は細部に宿る」にのっとり
消失した大聖堂に存在したありとあらゆる物を再現するため、タイムトラベル
という驚くべき手法を用い調査が行なわれていた。
しかし最後の1つ「主教の鳥株」だけは調査員の誰もが眼にする事が出来なかっ
た、主人公であるネッド・ヘンリーを除けば。
レイディ・シュラプネルに目をつけられたネッドは執拗にタイムトラベルを
強制され「タイムラグ」と命名された疲労症候群を患い認識不全に陥っており、
14日間のタイムトラベル禁止を医者に言い渡されていたが、恐るべき
レイディ・シュラプネルにその言い訳が通じない事を知るネッドは恩師
ダン・ワージー教授に救いを求めた事で更なる不幸へ身を投じるのであった。
気が付けば1888年、ネッドは自分が何をすべきかも、其処が何処なのかも知ら
ないままに立ちつくすのだった・・・

下巻
手違いからレイディ・シュラプネルの祖々々々祖母であるトスリン・ミアリング嬢
(トシー)の運命を変えてしまった可能性が出てきたネッドとヴェリティは
何が何でもコヴェントリー大聖堂への訪問と、運命の人Mr.Cとの出会いを
果たさせる必要に迫られていた。
にもかかわらずコヴェントリーへの旅行の計画も、Mr.Cの気配すらも感じない。
業を煮やしたヴェリティは一世一代の芝居を打って出る事にした。
幽霊好きのミアリング夫人に降霊会を提案、取って置きの策を練るもそこに現れ
たのは本物の交霊師・・・時空連続体の齟齬(そご)をなくすために必死で
駆け回るもやることなすこと裏目にでるネッド。
トシーの運命は?主教の鳥株は?
時空連続体は崩壊の危機をまぬがれる事は出来るのか!?

すみません、ちょっとネタバレた?
気を使ってみたつもりだが読んでみた人はセーフかアウトか教えてねw
このお話は「ボートの三人男 犬は勘定に入れません」をオマージュした作品
らしいのですが、ボートの三人男読んだ事ない・・・他にも色々。
まあそれでも何がしかの楽しさが伝わってくるのは見事です。
SFでタイムトラベルでミステリー、と最早なんでもアリのマイルールな世界
ですが、キャラクターやイベントがとても良く出来ててグイグイ引き込まれる
のです。割と細かく章といいますか区切りが有るのも読みやすくて良いー
主人公のネッドとヒロインのヴェリティのやきもきした気持ちがそのまま
味わえるのは間違いありませんw
SFコメディに興味のある方はいかが?

犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎(上下)
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/11707.html
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/11708.html
★★★★☆


そして明日から「乱鴉(らんあ)の饗宴」上巻です
分厚い・・・分厚すぎて保留にしてたが腹を決めたよ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品

    
    
    
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。