スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅々として進まず

寒いですね、寒いのマジで苦手
春まで寝ていたいウラサトスです。
昨年購入した着る寝袋ですがトイレに行くのが面倒で最近着てないわー
あとウレタンは直ぐ臭くなるのも問題よね。


さて、特に報告することもございませんが
昨年末から新しい小説を読み始めたのでメモ
リヴァイアサン-クジラと蒸気機関-です。
SF小説なんですが・・・SF?
現代とは違う進化をした現代と同じ国の名が存在する別世界のお話。
かたや蒸気機関を思わせる機械歩行戦車を操り、かたやハイブリッド
生命体を操つり空を駆る!
両極端な文明社会が会いまみえる時そこに起きる事とは・・・?
まだ読んでる最中なので分かりません。
双方に少年と少女が居てそれぞれに成長していくのですが、どちらも
主観視点なので今起きていることは認識できてもその先は分からない
という冒険物らしいお話の進み方がなかなかにワクワクさせられるのです!
これは楽しいなぁ。
あとあれだ、パブロ内田さんのカバーイラストレーションもちびれるほど
カッコいいです。そして挿絵とのギャップも楽しいw
しかしながら最近はスマホでネット見ちゃうのでなかなか進まないのです
もっとちゃんと読まないと、三部作だしね!


そうそう、虎よ、虎よ!読み終わりました、昨年。
面白かったです。古い小説なため当時の気風か謎な部分も多々ありましたが
荒々しい気迫がとてもよく伝わってきました。
そして読んでる最中から感じたのはコインロッカーベイビーズ(もしくは限りなく
透明に近いブルー)と真逆だな、でしょうか。双方まったく関係のない作品で
すし、ジャンルや発端もまるで違いますが主人公の行動原理が”怒り”であり
それゆえの爆発的行動力やミラクルに思わず比べずにはいられない!
(・・・たぶん僕だけですが)
何方も怒り、焦燥感、滅びの美学が描かれていますが、最終的に向かう方向が
全然違うのが興味深い。(全く関係ない小説なので当たり前ですが)
後半訳が分からない所が多すぎますが僕は虎よ、虎よ!の方が好みだなぁ
と思うのでした。
うむうむ。
・・・どうしたらいいんだこの誰とも分かち合えない感覚。


いいや、寒いのでもう寝ますw



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品

    
    
    
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。