スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサシンクリード2

D&Dキャラクター列伝が更新されましたー
よろしくです。

さて、
アサシンクリード2遊んでみました。
アサシンクリード1は太古の都市を、まさに縦横無尽に走り回れるゲームで
その幅の広いアクション性はとても新鮮で、ストーリーもダヴィンチ・コード
っぽくて好きでした。

今作でも街の中を走り回れるのはもちろん、高い建物へのロッククライミングや、
高所からのダイブなど良いところはすべて引き継がれ、さらにモロモロの理由で
遊びやすくなっています。
例えばメインアクションが最初から開放されていたり、
マンネリの元だった微妙なミッションはミニゲームとして独立してたり、
チュートリアルがドラマ内に上手く組み込まれていたり。

最も変わったところでは前作ではアサシンの町から命令されて暗殺に行く、
だったのから、今作は自分(主人公)の都合で暗殺に行く、に変わっており
これがドラマと密接に関わっていて世界やストーリーにのめりこめる出来に
なってます。最初は 貴族のお坊ちゃんが主人公なんて嫌~ と思って
いたんですが、ドラマの進行にいい感じにキャラが嵌ってて見事ザマス。
それに今回はデータベースがしっかりしていて読むのが楽しい。
実在した人物の経歴や製作者の感想が載ってて、ドキュメント番組の再現VTRの
中に自分が出演している気分に!(っていうのは大げさですが)
そういったモロモロの理由からゲームの止め時も難しくもなってるんですけどね~
知らず知らずに数時間が過ぎ去ります・・・w

しかしまさか前作エンディング直後からスタートするとは思っていませんでした。
1のアレはちゃんとしたエンディングだったのね、てっきりミッションコンプリート後に
真のエンディングがあるのかと思っていたから衝撃の事実でしたw
直前にダイジェストが流れるので1を遊んで無くても大丈夫なのは嬉しいところ。


あ、そうそうグラフィックについてですが、今作はライティングのためか屋外感がやや
下がっているかも。その内1、2見比べてみたいかも。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品

    
    
    
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。