3本見ました

何本かまとめてDVD見ました。

トランスフォーマー:リベンジ
2年前に上映された映画の続編で、旧株式会社タカラより発売され
ていた変形ロボット玩具シリーズ。元々ミクロマンとかその辺の
シリーズでトランスフォーマーは海外展開時の商品名だそうです。
つまり日本発の玩具のハリウッドによる映画化の第2弾!
CMが超派手派手だったのでスゲー期待していたのですが、むむう人間
ドラマーンが増えて、メカの活躍が気持ちやや負けております。
前作と比べてCGのレベルも上がって、凄く見やすくなっているだけに
大学入学だの愛が浮気がどうのだの、明らかに無駄っぽい時間がいっぱいw
げ、劇場で見なくて良かった。
でも戦闘シーンは迫力いっぱいなので戦場、爆煙、特撮好きにはオススメ。
トランスフォーマー:リベンジ
http://www.tf-revenge.jp/


ワルキューレ
第二次世界大戦中のドイツ、敗戦の影が忍び寄る1944年、
ヒトラーそしてナチスの残虐非道な政治、戦争に反感を持った
男たちがいた。彼らはヒトラーを敗戦前に暗殺し、ドイツが
ナチスだけの国では無いことを世界に知らしめようとしていた。
だがその包囲網は厚く、軍上層部に位置する同士ですらその
チャンスを生かすことが出来ずにいた。
そんな折、同じくヒトラーに反感を持つシュタウフェンベルク大佐は
北アフリカ戦線にて重傷をおい入院していた。
左目、右手、左手の薬指、小指を失った彼に共にヒトラーを討とうと
話を持ちかけるオルブリヒト将軍。
失敗すれば自分の命は愚か家族も無事には済まない。
決意の末計画が始まる・・・

トム・クルーズのアイパッチが自分的に駄目映画臭を感じてしまい
見るのを躊躇していた映画なんですが、実はこれ結構面白い!
他で見られる2次大戦映画と比べるとかなり地味ですが、緊迫感が
非常に良く表現されており、見ておいて存しない一品となっています。
しかも本当に有った話らしいです。
「顔をお上げなさい」のせりふが超カッコエエです!
ワルキューレ(公式HPがないためぴあです)
http://pia-eigaseikatsu.jp/title/24973/


アンダーワールド:ビギンズ
地味に人気のあるアンダーワールドシリーズの起源となるお話で、
ライカンのルシアンとビクターの因縁を描く。
CGのレベルが上がっており、ライカン(狼男)の表現はなかなかの物です
でもねー、ちょっと微妙。
ビクターの最も力のあった時代としての表現がそれほどされておらず
第一作目のアンダーワールド(動画)ほどの怪しさも描けていませんし
これを見てアンダーワールドを見ようと思う人がいるとも思えない・・・誰得?
アンダーワールド:ビギンズ
http://bd-dvd.sonypictures.jp/underworldriseofthelycans/


この3本ではワルキューレがダントツにオススメです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品