クライング

過去にも何度か貼り付けてますが何度見ても好きなので
新しいの見付けるとついつい見入ってしまう、
それが「クライング」です。

そして今頃になってステージの作りが異様に凝っている事に
気が付いたよ 。3面以降が顕著ですが上下にスクロールするのは
もちろん、見た目もドンドン変化する。
当時の小さなメモリではちょっと想像を逸脱するレベル
しかも敵キャラの大きさや多彩さ、アニメパータン数も
相当あるのです。
毎回ROMから直接読み替えてるにしてもおかしく無いか?

通常は絵を綺麗に見せるために同じチップ(パターン状のタイル)を
延々使い回すのが当たり前で、上下にスクロールとかは腕の有る
メーカで無いとまずやらないのです。
(そういう意味ではサンダーフォース34は本当に極まっておりました)
やるとしても分かりやすい同じパーターンが続くとか、
インセクターXのようにキャラクターごとブラックアウトして絵を丸ごと
入れ替えるとか、背景だけ一瞬真っ暗になるとか そういうのが普通でした。
(その際にROMからデータを読み替えていて、
物によっては一瞬動きが止まったりする)

キャラクターに関してはROMから直接転送しているとしても
ステージは表示し続けねばならない関係上普通はそういうことやらない、
やってもボス直前くらいなのでメモリー設計がどうなっているのか
ちょっと興味が沸いた。
が、確認の仕様が無いがな・・・

にしてもこのゲーム、難易度高くてね~
自力では空中戦艦までが限界だったよ
また遊びたくなってきたがメガドライブが何処にあるか分らないよ・・・・
Wiiバーチャルコンソールでは出てるらしいよ?360でも出してくれないかな






エンディングもセンス抜群です(個人的に)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品