スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルとアクションとシューティング

いかん、調子に乗って今月ゲーム5本も買ってもーた
某ソフトウェアを習得しなくてはいけなかったり
確定申告の準備があったり、今月は結構ストレスがあるのかも
しれん。高度なことを要求されないのだけは救いか・・・


そんなことはさて置きゲットしたゲームを紹介しようかの。

超久々にパズルゲームに金を払ったよ!
って書くと今はやりの『キャサリン』と思われそうだがストーリー性の強い
パズルゲームは個人的に心のピントが合わなくてスルーしました、
すんません(体験版は面白かったよ)
ゲットしたのは『ilomilo(イロミロ)』というダウンロード専用の
スウェーデン産ゲーム、価格は1200円くらい。
ほのぼのし過ぎててこれもスルーするつもりだったが
体験版を遊んだら地味に凄くて思わずゲットしてもーた
操作方法も簡単で”死ぬ”とか”詰む”とか言う状況が一切存在せず、
友達同士がただひたすら再会を目指すゲームなんですが、
そのパズルが凄い!
立方体で構成された道を移動するんですが、あるルールにのっとり
6面全部を足場に出来るんです。一見新しさは無いが構成されるステージが
メチャメチャよく考えられていて感心した
まあ見ておきなさいよ、絶対損しないから!


次は『Hard Corps Uprising』というアクションゲーム1600円くらい
2Dのキャラクターと3Dの背景という何となく心地よい見た目の
アクションゲーム(ガーディアンヒーローズっぽいと言うと分りやすい?)
だがアクションはガチです、なぜならばこれは『魂斗羅』だから!
スーパー魂斗羅魂斗羅スピリッツ魂斗羅ザ・ハードコアもリンクしておこうか)
ムズイー、でもなかなかいいです。


3つ目は実は以前に紹介したがまだ金を払っていなかった『ぐわんげ』
和風シューティングはエエですなぁ。
1200円くらい


ここからはパッケージのソフト
4本目は『Golden Axe: Beast Rider(ゴールデンアックスビーストライダー)』
以前から欲しい欲しいと思いつつも手を出せなかった輸入物です
新品が2000円になっていたので思わずゲットしたよ。
正直な感想としては5000円以上払わなくてよかった、ですが(w)
出来が悪いのかと聞かれるとそういうことでは無いのが評価の難しい所。
多分小さいスタジオで少ない費用と少ないスタッフで頑張って作りました
って感じなのだろうと、思わずビットステップ時代を思い出してしまう内容だったw
(そこまで小さなスタジオでは無いと思うが)
ゲームはゴールデンアックス、とは言いがたい、のでファンは見るべきではないが
タイニーデビルメイクライって表現が近いかもね?
1つ感心したのはゲーム用の主人公モデルの出来の良さ。
この時代に胸の谷間の胸骨までも再現しているのはさり気なく凄いよ?
あとムービーは不細工過ぎるがゲームモデルは結構可愛い顔してるのを
オレは見逃さないゼ!


そして最後は言わずと知れた『Dead Space2』
バイオハザードシリーズを完全に超えたとされるホラーアクションゲームですが
残念な事に日本ではそのあまりに残虐な表現により発売禁止されているのですw
なのでこれも輸入品で全編英語なんですが、ストーリー部分は後でwikiで補完
するから大丈夫w
世の中には本当に親切な人がいるものだねぇ
http://www43.atwiki.jp/deadspace2/
ゲームはねぇ、外人の本気はほんと半端無いね!
って言う内容です。ゲーム業界関係者は全員見ておくべき!!
(女子は除く)
ちなみにこのゲーム発売されたばかりだと言うのに5000円で手に入るんだな。


以上今月買ったゲーム報告でした
月頭だと言うのに財政難とはどういうことか・・・
(国民年金を3か月分払ったせいだがな)

そうそう、小説ですが『星を継ぐもの』読み終わりました
 月で発見された人間の遺体は5万年も前の物だった
 宇宙人?未来人?超時空の謎を科学の力で紐解くスペースロマン
ってな感じの内容です。
はっはー、そんな馬鹿な!と笑い飛ばしてしまいそうな話もここまで
細かく描かれると本当に発見したんじゃねーの?と思えてくるから不思議ー
続編もあるのですが近場で売っていなかったのでamazonで注文ですよ。
その間繋ぎに『大戦前夜』を読み始めました
カバーイラストが綺麗だったので思わず買いましたがなかなか面白い。
 宇宙人から初のコンタクトは、地球に向けて迫り来る襲撃者に
 気をつけろとの警告だった。あと5年ですさまじい数の襲撃者に
 対抗するための兵器を作り迎え撃たねばならない。
ってな感じの内容。
大雑把に言うと『インディペンデンス・デイ』や『スターシップトゥルーパーズ
なおバカアメリカ映画の小説版。
だが侮ってはいけない、結構引き込まれるんだこれが。
そして今下巻に移りました、ハントマイク頑張れー!
(ちなみにスターシップトゥルーパーズの原作、宇宙の戦士は大真面目な小説)

あ、いかん
もう寝ます。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品

    
    
    
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。