スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

ここしばらくの間にSF小説「地球戦線」1~4と「終わりなき戦い
を読みました。

終わりなき戦い」は宇宙の戦士エンダーのゲームに並ぶSF小説との話を
聞きつけたのですよ。
そしてその例えは正しいと思うっす。
SFながらアメリカの抱える軍事欺瞞を兵士の視点から描いており
大変興味深い。
宇宙の戦士やエンダーのゲームと違ってページ数が少なく読みやすいのも
良かった。
ちなみに面白さ的にはエンダーのゲーム>宇宙の戦士>終わりなき戦い
じゃないかと思う、個人的に。


地球戦線」は以前に読んだ大戦前夜(上下)の続編。
大戦前夜が割りと面白かったので読んで見たのですが
星5中の星3つって感じですかね。
つまらなくは無いものの、準備や余談がやたら多かったり、その人本当に必要なの?
と思うような登場人物が大量に出てきたりと大変読みにくく
仕上がってますw
個々のエピソードは一つ一つは割りと面白いんですが
主人公であるマイケル・オニールになかなか繋がらないのは正直
しんどいかなー・・
テレビドラマの戦争のように部隊視点、個人視点、と様々に書き分けている
ところは結構評価できるかも。
amazonのレビューも散々なようですなー・・・

26日の帰りから「マルドゥック・フラグメンツ」を読み始めました。
あの世界にまた浸れるのか!?
と思ったら短編でちょっと残念。
それでも独特な世界と斜め上を行く発想が盛り込まれてて楽しいです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品

    
    
    
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。