スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タフの方舟ほか

タフの方舟上巻読み終わりました
割と厚い本でしたが面白さと読み易さがあいまって一週間で
読み終えました、ジワジワと面白かったです。

上下巻に亘ってますが長編小説と言うよりはタフと方舟を
中心とした一話完結の短編を何本も読んでいる感じ。
上巻では3編があり、方舟を手に入れるまでと、手に入れてからの2編。
通常のSF小説では作りこまれた1つの世界観だけでも十二分に読み応えが
あると言うのにこの本と来たら2編の長編小説を連想させるほどの
アイデアとボリューム!
(1編は短編ですが、作りこまれたプロローグがあるので全4編とも言えるかも)
あとがきでも「ハイペリオン」の名が出ていましたが、まさにあれに
通ずる雑多な宇宙観が楽しめます。

それにしてもタフと言う男、読み物では見ていて楽しいですが
実際に近くに居たら悪人では無いにしても嫌な奴なんだろうなぁ、
と想像してしまいました。
周りにいるサブキャラクター達が、タダでさえ短気なのにあの口調で
のらりくらりと本題が始まらない日にゃ、ちょいと切れ気味になるのも
分らんでは無いお話ですw
教訓として当たり前ですが人の話は最後まで聞くべきだし、待たなきゃ
いけない時は黙って待たないといけないね、と普段の自分の生活を
振り返りたくなる部分も面白かったです。

下巻も届いたので来週はタフの方舟下巻週だぜー!


さてなんだか久しぶりのゲームの話題です
シャイニングブレイドを購入しました
DSC00299.jpg
最近ではあまり買わないタイプの世界観です
しかもパッケージ版とダウンロード版の2つを買っているぞ!?
まあアレです、察してくださいw
せっかくなんで初代PSPとPS VITA版を比べて見ました。
DSC00298.jpg
最初VITA版で遊んでいて特に気づかなかったんですが、見比べると流石に
違いが歴然ですなぁ・・・とはいえPSP(しかも初期型!)でも十二分に
綺麗なので感心してしまいます。
ゲームの難易度は比較的、といいますかかなり易しめ。
初めてゲームを遊ぶ人でも問題ないレベルだと思います
が、ボス戦はそこそこキツイのでサブイベントや成長をほったらかすと
ゲームオーバーになりかねないかも。
DSC00296.jpg
ボスかー!?

DSC00295.jpg
お気に入りのアルティなさんをビューワー(※)で激写!
(街中のステータス確認画面で□ボタンを押すと3Dキャラを
確認できるモードの事ね)

すでにクリア済みですが全モンスターを確認するまでは
止めるわけにはいかない!
http://shining-world.jp/blade/


もう一本はスマホのゲーム
ケイオスリング2
DSC00301.jpg
今だガラケーを使う浦里ですが一体どうやって買ったのか!?
正解⇒iTunes storeからiPod touchでゲットしましたー
普段は音楽聴くか手持ちのDVDをエンコードして視聴するくらいの
使い方で、アプリを買うのはガラケーを含め初の行為です。
何故急にアプリを買ったのか?
察してくださいw
DSC00303.jpg
それにしても最新の携帯ゲーム機に引けを取らないこの画面どうよ!

DSC00302.jpg
ラスボスかー!?

そんな無理クリなテンションはさて置き
なかなかに楽しいです、
現在はコナー君と2回目のレッドドラゴンを倒し終わった所。
仮想パッドが反応したりしなかったりするのはアレですが
ストーリーが古き良きJRPGを髣髴とさせてなかなかに楽しい
無駄にやきもきさせられないのは個人的には高評価
壮大なテーマと、神様の掌の上的な狭さが斬新なのです。
最近は鼻から100時間を求められるゲームはノーサンキューな
浦里ですが、徐々に徐々に引き込んでくれるタイプはウェルカムだぜ!
http://www.chaosrings.com/2/jp/index.html



あとSINE MORAゲットしました
HD横スクロールシューティングは是非欲しかったのでコレは嬉しい!
世界観はメタルスラッグ、ゲーム性は90年代のアイレムを髣髴とさせる
硬派、難易度も硬派w
ロシア語(っぽい)言葉で語られるストーリーはとても興味深い。
息子の復讐のために立ち上がった親父の話なんです
シューティングゲームとストーリー演出って相性悪そうですがこれは
かなりありだと思いました。
精霊戦士スプリガン2や重装機兵レイノスのようなゲームの進行を
ちょくちょく止めるタイプのストーリー演出は浦里はあまり
好きでは無いですがシネモラの演出は自然で良いなぁ
しかも状況がクロスするんだぜ?
このゲームは海外産ですが、こういうタイプこそ国産で生み出されるべき!
って思いました。
http://www.sinemoragame.com/

あ、メガCD版のシルフィードやSS版ガングリフォンはこういう
演出ちゃんとやってるよね、と今更感心した。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品

    
    
    
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。