スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使墜落

天使墜落上下巻読み終わりましたー

あらすじ
氷河の時代、自然を愛する緑色党が世界を統べていた。
地球軌道上のステーションに住む外国人は生きるために地球の大気を
盗む。彼らは地上人にとって憎むべき科学の申し子であり、
地上の温度をさらに下げる害虫だった。
そんな外国人の船が地上に落ちた
彼らをとらえ、見せしめに処刑せよ!
だが地上にも科学を崇拝する人々がいた
彼らは雪の世界を越え外国人を救出に向うのだったー。

大体こんな感じ?
なかなか面白かったです。
特に上巻は先行きの見通しの付かなさが個人的にかなり良かった!
下巻は良かったんですが、驚きもあったんですが、コミュニティの
居心地の良さとフラグ回収がメインでコアファンじゃないと堪能出来ない
感が自分には共感が薄かったのです、残念。
好きな事に熱中してて、さらに同じ趣味の人達と交流している
と言う人は共感値が高いと思われます。
それにしても自然を愛すると言う名の下に科学を忌み嫌い粛清する様は
昨今他人事でない感じでなんだかな~、と思ってしまいましたw
間違いを無かった事にするのではなく、新たな進化への礎として頂きたいです。

メモ
キリスト教圏では科学が邪悪なものとして扱われている(なんと現在ですら!)
事を頭の片隅において置くとより共感値が高くなりますよ、多分。


さて明日からは「マインドイーター」を読むよ
国産創元SFは初だ、楽しみですな~


あ、あと
拍手、Trackbackいつもありがとうございます
存在を確認しつつもなんと言いますか作法的なものが分からないので、
ぶっちゃけると面倒なので、心の中で感謝の言葉を言うだけに
とどめております。
こんな私を許してちょんまげ。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【天使墜落】

天使墜落上下巻読み終わりましたーあらすじ氷河の時代、自然を愛する緑色党が世界を統べていた。地球軌道上のステーションに住む外国人は生きるために地球の大気を盗む。彼らは地上...

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品

    
    
    
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。