トータルリコール

日曜日はやたら寒かったですね
外出した最、寒さで耳が取れるかと思った・・・
さて、レンタルしてトータルリコールとアメージングスパイダーマンを見ました
簡単な感想をば。


●トータルリコール(2012)
世界大戦により殆どの地表で生物の生存が不可能になり
人が住める都市が二つしかなくなってしまった地球にて、
富裕層が支配するブリテン連邦はその(地球の)裏側にある貧困層の住む
オーストラリア大陸をコロニーと称し労働力として隷属させていた。
コロニーで貧しいながらもそこそこに幸福に暮らす労働者ダグラス・クエイドは
日々の暮らしに微妙な不満を覚えていた。
現状の気分を変えるためにリコール社が提供する疑似体験の記憶を買おうと
するのだが、彼の本当の物語が今始まる。

映像が異様によく出来ています
B級映画かと思ってたのにお金掛け過ぎ!
コロニーがオーストラリア大陸に存在する割りに中国風の描写に
やたらハングル文字が多かったりするのがなんだか不思議。
リコール社近辺は渋谷センター街風?世界観がかなり謎です。
エアカーのカーチェイスシーンは大迫力です。
ストーリーに関しては1990年のアーノルド・シュワルッツネッガー主演版を
知っていると物足り無く感じてしまうかも。
シーン毎はアイデアふくめとてもよく出来てるんだけど、全体を通すと
話が一本にまとまって無い感があります。
オチもざっくりしてる感が・・・
この作りなら映画よりはドラマの方が向いてたかもしれ無いですね
★★★☆☆
http://bd-dvd.sonypictures.jp/totalrecall/


●アメージングスパイダーマン
2002年版のスパイダーマンを無かった事にして最初からやり直した作品
ストーリーは設定を結構変えてはいるものの大まかに2002年版と同じ。
Wikipediaによるとスパイダーマン4の予定があったのがキャンセルされた事により
出来た物のようです。

よく出来てます、ユーモアがより分りやすく表現されていて楽しげです
ただ個人的にいくつか気になる事が~。
まず気になったのはスパイダーマン登場までに時間が掛かりすぎな事。
一時間くらいは出てこないんですよ、まだかよ!?
って何度も思ったね・・・短気ですみません。
次に感じたのは主人公を取り巻く人々が主人公に優しすぎる件。
2002年版の主人公は内向的で自分の意見を口で表現する事が出来ず
誤解を招きやすく、「人に認められたい」と言う思いが全編通して
ドラマとして練りこまれていたように思うんですが、今作では妙に
器用な主人公が同じく意見をあまり口にはしないけど何故か周りの人々
が察してくれると言う特殊仕様になってました。
えええ!?
って思うことがちょいちょいありましたがこれは僕がおっさんになったせい?
まあいいか。
続編がありそうな気配もあるので長い目で楽しむのがいいかもです。
★★★☆☆
http://bd-dvd.sonypictures.jp/amazing-spiderman/


洋画が大好きな浦里ですが最近リリースが多過ぎて全然付いていけてません~
次はアイアン・スカイをレンタルしたい、そしてダイハード5を劇場で見たい!
でも確定申告をし無いといけないのでダイハードを劇場で見るのは厳しいかも・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
Twitter
プロフィール

ウラサトス

Author:ウラサトス

関わった物↓


異世界の聖機師物語

ケイオスリングス3

シャイニング・レゾナンス

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリー
検索フォーム
     関連作品